ロボットリハビリテーション

概要

ロボット技術を応用したリハビリ訓練は、身体機能の早期改善や回復、電動義手やロボットスーツなどの人間装着型ロボットを用いた機能代償や補助による生活動作獲得、生活支援機器・ロボットの操作の習熟により可能となる身体動作補助や代替えを目指して行われます。次に中央病院と協力して行っているロボットリハビリテーションについて紹介します。

リンク:http://www.hwc.or.jp/hospital/robot/

上肢への対応

筋電義手
筋電義手

失われた上肢機能の代替手段のひとつとして、対象者の生活や仕事などのニーズに合わせた電動義手の適合・操作訓練を行います。電動義手で物を握る基礎的な練習からはじめ、両手での操作や生活・仕事などで使いこなせ、かつ、より自然に見える身体の動きで対象物を持てるように訓練および動作評価を行っています。また、乳幼児に対し幼少期からの筋電義手の操作訓練も導入しています。発達段階や成長に応じた両手動作を促進することができるため、小児に対する筋電義手操作訓練にも力を入れて取り組んでいます。

失われた下肢への対応

コンピュータ制御義足による歩行
コンピュータ制御義足による歩行

失われた膝の曲げ伸ばしを補うため、歩く速度に応じてコンピュータが膝関節の制御を行う義足が開発されています。このようなインテリジェントな義足を利用し、正しい姿勢で歩くことができるように歩行訓練を重ね、階段の上り下りや、傾斜地での歩行も可能となるくらいに歩行再建の訓練を行います。

麻痺した下肢への対応

ロボットスーツを利用した歩行訓練
ロボットスーツを利用した歩行訓練

脊髄損傷などにより足が麻痺してしまった際に、歩行動作をロボットスーツなどでアシストしながら歩行訓練を行います。歩行動作のアシストがあるため歩行訓練距離を増すことができます。しっかりと安定した姿勢での移動ができるように歩行再建の訓練を行います。