すまい 住環境改善

概要

すまいについて
高齢者や障害者が安心・安全に生活ができる住環境の実現は不可欠です。研究所では、当事者のライフスタイルや生活ニーズにあった住環境整備を実現するための調査、研究に取り組んでいます。
その中で、住環境整備に関する相談対応や快適に生活できる住まいの提案、様々な分野の専門職の連携のしくみづくり等を行っています。

住み続けるための住環境整備

シャワーチェアから浴槽への移乗動作の確認
シャワーチェアから浴槽への移乗動作の確認
模擬空間での車いすの移動しやすさチェック
模擬空間での車いすの移動しやすさチェック

加齢により身体能力が低下する、あるいは障害があると、自宅での生活に不自由が生じてきます。そこで、身体状況が変化しても、快適に住み続けられる住まいを実現するために、体の状態にあわせた住環境整備手法について、福祉用具の利用も含めて調査・研究しています。また、具体的な住環境整備の相談も受けています。

団地再生

公営住宅の1室を活用したコミュニティ拠点
公営住宅の1室を活用したコミュニティ拠点
階段室型の団地の様子
階段室型の団地の様子

建設から長期経過した団地では、建物の老朽化と高齢化が同時に進行し、住み続けるには多くの課題を抱えています。例えば、移動手段の不足や近所に出かける先がないために、高齢者が自宅で孤立しやすい実態があります。そこで、建物の改善に加えて、人が出会えるしくみづくりや、気軽に出かけられる居場所づくりも含めた研究・提案を行っています。

多職種連携

理学・作業療法士向けの住環境整備を学ぶ研修
理学・作業療法士向けの住環境整備を学ぶ研修
建築士向けの気づきを生む体験型研修
建築士向けの気づきを生む体験型研修

障害のある方が快適に暮らせる住まいを実現するためには、建築職だけではなく、医療職、福祉職と一緒に取り組む必要があります。そこで、理学療法士・作業療法士や、建築職向けに、多職種とのチームワークや思い込みを払拭する、体験とディスカッションを中心とした気づきを誘発するしくみづくりに取り組んでいます。

暮らしやすい住まいの提案

ウェルフェアテクノハウス内のキッチン
ウェルフェアテクノハウス内のキッチン
県営住宅内での使いやすさ検証
県営住宅内での使いやすさ検証

研究所に所属する作業・理学療法士、建築士がチームを組み、必要に応じて動作検証を重ねながら、暮らしやすい住まいの提案もしています。車いすでも快適に調理できるキッチン提案は、ウェルフェアテクノハウス神戸で展示しています。また、県営住宅が障害のある方に住みやすい住戸とするための改良点を提案し、少しずつ実現しています。

居住継続を支える地区近隣環境と住まい

高齢化・人口減少が進んでいる
高齢化・人口減少が進んでいる
支援拠点と利用する高齢者の居住地
支援拠点と利用する高齢者の居住地

多くの中小都市では高齢化や人口減少が進む中で、今後の居住継続をどのように支えていくか模索されています。一人暮らしには不安がある高齢者が、小規模な共同の住まいでお互いに助け合って生活する"グループリビング"という新しい住まい方や、高齢者の自立した近隣居住を支える地区環境のあり方についての研究に取り組んでいます。

行政への住まい・まちへの政策提案

誰もが暮らしやすい住まい・まちを実現するためには、行政側の取り組みも重要です。そこで、行政が担うべき役割や、必要な制度、今後重点的に取り組むべき課題について、各種審議会や委員会の委員として提言しています。

関連研究(終了したものを含む)

平成24年度

県民参加型の点検と助言による施設改善に関する研究

高齢者の居住安定化に向けたコミュニティデザインに関する研究

ユニバーサル社会の実現に向けた環境整備に関する研究
 −小規模購買施設における利用者を理解したバリアフリー整備手法の提案−

平成23年度

高齢者の自立生活を支援する居住環境・地区のあり方に関する研究

県営住宅の住戸プランにおけるバリアフリー配慮の工夫に関する研究

平成22年度

建築と車いすの関係性に着目した住環境整備指標の構築

病院や福祉施設におけるエレベータ利用避難に関する研究

平成21年度

福祉のまちづくりの面的な展開に関する研究
 既存建築物のバリアフリー化施策に関する研究

平成20年度

集合住宅の空き住戸を活用した高齢者の生活支援拠点に関する研究

病院や福祉施設におけるエレベータを利用した避難の有効性に関する研究